稲葉家下屋敷

観光施設

稲葉家下屋敷は、藩置県後に東京へ居を移した旧臼杵藩主稲葉家の、里帰りのための邸宅として明治35(1902)年に建てられました。 杉や檜などの上質の素材を使用し、式台のある玄関や、書院作り奥座敷など格式の高い造りから、国登録有形文化財となっております。 また、隣接する旧平井家住宅は、江戸時代後期の建築様式を今に残す上級武家住宅です。その特徴的かつ情緒ある佇まいは、県指定有形文化財となっています。 営業時間:9:00~17:00(最終入館は16:30) 料金:大人320円、小人(小・中学生)160円 20名以上団体割引あり
電話番号
0972-62-3399

住所
〒875-0041 大分県臼杵市臼杵6-6

女性
男性