八坂神社

観光施設

八坂神社の起源は承徳元年(1097)。藤原道兼が天延元年(972)、奥州の磐前(福島県磐城市)鶴ヶ峰に祇園三所天王を勧請していました。しかし鶴峰大和の山城兄弟が、源義家の清原氏討伐による後3年役(1083~1087年)の戦乱をさけるため、舟で安芸国の尾道(広島県)を経て臼杵庄洲崎岩ヶ鼻に流れ着き、二王座の「神の木原」に鎮座したのです。 その後、フランシスコ=ザビエルが来日し、九州各地でつぎつぎと布教を展開。豊後(大分県)でも大名の大友宗麟がキリシタンになり、変座をよぎなくされました。 その際に御神体は、見星寺裏の岩窟や海添の岩窟、津久見の八戸をはじめ、日向にまで変座したと伝えられています。しかし大友氏が罷免されたのちの慶長3年(1598)、太田一吉の時に現在地に鎮座しました。   古くは「祇園宮」と呼ばれていた八坂神社が、現在の「八坂神社」に改称されたのは明治4年(1871)のこと。この辺りの地名が祇園洲となったのは、かつての名称であった「祇園宮」にちなんだものです。
電話番号
0972-62-3673

住所
〒875-0041 大分県臼杵市大字臼杵1

女性
男性