野上弥生子文学記念館

観光施設

野上弥生子は、明治18年(1885年)臼杵市の酒造業の代屋(現小手川酒造)三代目小手川角三郎とマサの長女として生まれました。 幼少期は、自家の周辺で郷土色豊かに過ごしました。14歳で勉学のため上京し、明治女学院に入学し、卒業後21歳で同郷の野上豊一郎と結婚しました。 夏目漱石を師とする夫の文学的環境の中で小説を書き始め、文学者としての道を歩きだしたのです。以後、99歳まで現役作家として、「海神丸」「真知子」「迷路」など多数の作品を発表しました。 昭和39年に「秀吉と利休」で女流文学賞を受賞し、昭和46年には文化勲章を受章しました。 昭和47年に87歳で長編「森」の執筆にとりかかりましたが、最終章をわずかに残して昭和60年ご逝去されました。 弥生子を偲び遺徳を顕彰するため、生家である小手川酒造の一部を改修し、「野上弥生子文学記念館」を開設しています。 営業時間:9:30~17:00 定休日:年中無休 料 金:大人300円、子人(小中学生)150円 20名以上団体割引
電話番号
0972-63-4803

住所
〒875-0041 大分県臼杵市浜町538

女性
男性