直良信夫生家跡

観光施設

「二王座歴史の道」の「切通し」といわれる道の傍らにある長屋が直良信夫氏の生家で、その生家跡を記念館として信夫氏に縁の資料を展示しているのが、「直良信夫生家跡」です。 直良信夫(なおらのぶお)は、日本の考古学史上初めて日本列島に住んでいた「日本原人」の骨を発見した人物です。この骨は、後に採取した場所の名を冠し、「明石原人」と命名され、その名は広く世に知られるようになりました。 彼は、明治35年(1902年)臼杵市二王座、村本家の次男として生まれ、貧しい生活環境にありましたが、勉学への志を捨てがたく上京し、考古学や古生物学の学問に励みました。苦学の中で病におかされ、転地療養のつもりで臼杵に帰る途中、子供のころ生家の近所に下宿していてよく勉強を教えてくれた直良音先生が姫路の女学校に勤務しているのを思い出し訪れ、その後、音先生との結婚。そして昭和6年(1931年)明石の西八木海岸において、日本で最初の原人骨発見しました。
電話番号
0972-64-7130

住所
〒 大分県臼杵市100-2 

女性
男性